Blog家づくりブログ

HOME > ブログ > 佐藤 聡 > 子供部屋についてのお話

子供部屋についてのお話

2023-01-05

明けましておめでとうござます。

年末年始はイベントがたくさんありましたが、みなさんどう過ごされたでしょうか?

さて、今回は子供部屋についてのお話をしたいと思います。

みなさんは子供部屋を作るとしたらどのくらいの広さが理想ですか?

お子様の人数によっても変わってくるとは思いますが

少し前に弊社のInstagramのストーリーズでフォロワーの方々に

理想の子供部屋の広さのアンケートを取ったところ一番多かった回答が

4.1畳〜5畳でした。

次に多かったのが〜4畳までとの回答でした。

 

最近はちょっと狭めの子供部屋が主流のようです。

そしてその分リビングを広くするのが最近の傾向だとか…。

子供部屋を狭くする理由としては

・広くて快適すぎると自室にこもってしまう

・快適すぎるとなかなか出てこない

・広すぎると子供が独立した後に無駄なスペースになってしまう

などが挙げられます。

 

シングルベッド、学習机、クローゼットを配置できる最低限の広さは4.5畳と言われているようです。

小さい頃は子供部屋があってもリビングで過ごすことが多いですし、子供部屋をしっかりと使う期間は意外と短いです。

なのであまり広い空間にしてしまうのはもったいないかもしれません。

子供部屋を狭くする代わりにリビングに勉強スペースや遊びスペースなど、子供部屋以外にも子供の居場所を作る方も増えています。

これなら子供部屋が狭くてものびのび暮らせますし、家族とのコミュニケーションも自然と取れますね♪

吹き抜けの上のフリースペースも大活躍します。

フリースペースで遊んでいる子供たちとリビングやキッチンからコミュニケーションが取れます✨

あえて大きい空間の部屋を一部屋確保しておいて

将来部屋を区切って個人の部屋にすることも可能ですよね。

私も小さい頃は広い子供部屋に憧れました。

ですが最近は狭い子供部屋の方が主流です。

リビングを広くして、家族とのコミュニケーションが自然と取れる家づくりをされている方も増えています。

子供の部屋の広さにこだわらず家族が集まれるような空間を大切にしていきたいですね♪

 

Libretto house 佐藤

PAGE
TOP