Interview住み心地インタビュー

HOME > 住み心地インタビュー > 和室が隣接したリビングで家族の笑顔が集まる平家

和室が隣接したリビングで家族の笑顔が集まる平家

●家づくりをする前に悩んでいたこと
東日本大震災後、原発事故の影響で、それまで住んでいた土地を離れ、いわきの復興住宅に住んでいました。
決めなければならないこと、やらなければならないことが混沌としており、家のことを含めこれからどうしたら良いのかと悩むことが多かったです。

●なぜ家を建てようと思いましたか?
震災の影響が一番のきっかけですが、復興住宅に住んでいた周囲の方々も家を建てる方が多く、自分達もどうしたら良いのか迷っていました。
しかし、100歳近くになる母のためにも、復興住宅を出て、自宅で余生を過ごさせたいという気持ちがありました。

●リブレットハウスに決めていただいた理由は何ですか?
最初は息子に連れられて、モデルハウスへ訪れました。
そこで親身になって我々夫婦の話を聞いてくださった安部さんとの出会いがありました。
家に対しては建物はもちろん、地盤もしっかりとした土地を望んでいました。
私たちの望みを真摯に受け止め、それを叶えようと日々奮闘した安部さんがいたからこそです。

●リブレットハウスと一緒に家づくりをしてみていかがでしたか?
打ち合わせでは、将来のことを見据えバリアフリーを意識した間取りと機能性を考えた家づくりをしました。
こちらからの意見をただ聞くだけでなく、メリットデメリットや提案をいただき、予算以内でできる限りことは実現できました。
家のこととは関係のないさまざまな事までアドバイスをもらって楽しく、思い出に残る家づくりとなりました。

●実際に住んでみての感想をお願いします。
環境が良く、買い物がしやすい場所でよかったです。
夏も冬も快適に過ごせ、リブレットハウスで家を建てて本当に良かったと思っています。

PAGE
TOP